福島県被災者に関わる既存制度調査(2012/3月時点)

◆背景
東日本大震災発生から1年が経過した今、
被災地各地で復興に向けた動きが着々と進み始めている一方で、
原発事故の影響を強く受けた福島県被災者の避難生活は長期化しています。

◆目的
避難生活が長期化していることから、福島県被災者については
「県外避難者」と「県内在住者」との生活支援の対応に差が出てきています。
そこで、今後の生活に関わる以下の3つのテーマについて、
「既存の関連制度」および「最新の状況」に関する調査を行ない、
今後の必要な支援策構築の基礎情報としてご活用いただくために作成しました。

(1)民間借上げ住宅の継続延長について
(2)高速道路無料化の継続延長について
(3)原発事故による健康調査について