RCF×リクルートキャリア、ソーシャルセクターの人材育成・組織マネジメント向上への取り組み連携を開始!

一般社団法人RCF(所在地:東京都港区、代表理事:藤沢烈)は、株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 柳川昌紀 )と協働し、リクルートキャリアの転職情報サイト「リクナビNEXT」においてソーシャルセクター特集・個別団体の求人、加えて、採用・組織マネジメント研修の提供を通じて、ソーシャルセクターの人材育成・組織マネジメント力向上への取り組みを実施していきます。

1.取り組みの背景
昨今、社会の成熟化が進む中、様々な領域で前例のない社会課題が生じており、その解決にあたってはパブリック・ビジネス・ソーシャルの「3セクター協働」という新たな枠組みが求められています。RCFが発足以来活動してきた東北地域でも、ひとづくり・まちづくり・産業づくりに関わる領域で、3セクター協働による事業が創造されつつあります。今後、セクター間の協働をさらに促進するためには、「セクターを越えたキャリアをもつ人材の育成」や、転職した人材が、自らのスキル・経験を活かして社会に役立っている実感を得ながら働けるような「人を育て活躍させることができる組織を増やすこと」が必要です。人と組織の育成を両輪とする本取り組みを通じて、ソーシャルセクター全体の基盤を強化することを目指します。

2.取り組み内容
大きく以下2つの取り組みを通じて、ソーシャルセクターの基盤強化を目指します。

①【人材採用力向上のための取り組み】
●「リクナビNEXT」の特設サイトにおいて、ソーシャルセクターで働くことの理解を深め、さらに具体的な求人情報を通じてソーシャルセクターにおけるキャリアの選択肢を提示します。
●入社後のミスマッチ最小化のための採用ノウハウ会得のための研修機会を各団体の採用担当者に提供し、同時に、各団体同士の採用ノウハウ共有の場づくりを行います。

②【組織の人材マネジメント向上のための取り組み】
●組織マネジメントの原理原則を学ぶ研修を通じて、ソーシャルセクターで人が組織に定着し活躍するための組織マネジメントとは何かを考えて頂く機会を提供します。
※今回はソーシャルセクター6法人(ETIC.、カタリバ、かものはし、クロスフィールズ、フローレンス、弊団体)にて実施。カタリバの求人応募は10月7日(水)より開始、その他5法人は9月30日(水)から応募を開始します。

3.一般社団法人RCFについて
RCFは、東日本大震災を機に震災復興のための調査を行う団体として発足し、復興事業の立案・関係者間のコーディネーターとして多くの企業や行政、NPO等の皆様との連携を進めてきました。今後は、これまで東北で培った経験や繋がりを活かし、地域社会の活性化、ソーシャルセクター発展に向けた事業など、社会課題解決コーディネートを進めていきます。

★リクルートキャリアからの発表内容はこちらから
★プレスリリース(PDF)はこちらからダウンロードいただけます