6月6日 TOMODACHI ゴールドマン・サックス 女性起業家支援プログラム成果報告会が開催されました

160606ゴールドマン・サックス様(以下、GS社)の社会貢献活動「女性起業家支援プログラム」の成果報告会が、6月6日(月)、GS社にて行われ、プロボノ参加社員や関係者、各団体メンバー、関心をもつ一般参加者やメディアなど、70名余りが参加しました。

プログラム概要

人口減少・少子高齢化の進む日本社会において、昨今、女性の活躍推進が経済成長へ寄与する研究が進み、女性の経済活動へのさらなる参加が期待されています。中でも女性が起業した組織では、経営者である女性自身にとって働きやすい環境へと整備されやすく、結果として女性雇用が進みやすい、また、女性目線での課題を解決する社会的価値をもった事業・サービスが生まれやすいという利点があります。しかし、女性起業家の輩出に関して上記のような利点が期待されながら、日本の女性起業家比率は諸外国に比べて極めて低いのが現状です。

このような背景から、GS社は、米日カウンシル TOMODACHIイニシアチブと連携して、昨年より、女性起業家の増加を目指して、3名の女性起業家への経営課題解決支援を通じて、若手女性起業家のロールモデル形成に取組んできました。
なお、本プログラムにおいてRCFは、事業企画・運営等の事務局を担当しております。

初年度となる2015年度は、GS社社員が3チーム構成(1チーム5人程)で、下記3名の女性起業家に対し、プロボノによる約半年の伴走支援を行ってきました。

株式会社READYFOR 代表取締役 米良はるか氏
特定非営利活動法人maggie’s tokyo 共同代表理事 鈴木美穂氏
特定非営利活動法人Light Ring. 代表理事 石井綾華氏

DSC00504

成果報告会

成果報告会の冒頭では、「ウーマノミクス」の提唱者としても知られる、GS社チーフ日本株ストラテジスト キャシー・松井氏がキーノートスピーチを行い、TOMODACHIイニシアチブとの連携でこの女性起業家へのプロボノ支援を行う経緯と意義について述べられました。
DSC00329

米良はるか氏(株式会社READYFOR 代表取締役)

DSC00342

大学在学中に、個人が寄付を募ることができるサイトを立ち上げた原体験をもとに、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というミッションのもと、日本初のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を立ち上げる。2014年に法人化し、社会的な活動へのファンディング案件も多く取り扱う。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出。

本プログラムでは「クラウドファンディングに関わる法務整備」について支援を行いました。

鈴木美穂氏(特定非営利活動法人 maggie’s tokyo 共同代表理事)

DSC00366
社会人3年目に経験した自身のがん告知と闘病生活を経て、がんと共に生きるために必要な情報や環境が日本に不足していることを痛感。報道記者として働く傍ら、2014年より、がん患者と支える人たちの居場所をつくるmaggie’s tokyo projectを推進、2015年NPO法人化。今秋、がん患者と支える人たちの居場所として東京・豊洲にmaggie’s tokyoを開設予定。

本プログラムでは「資金調達の戦略策定」について支援を行いました。

石井彩華氏(特定非営利活動法人 Light Ring. 代表理事)

160606ishii
自身の原体験をもとに、大学在学中の2010年に心の病予防プロジェクト(任意団体)を設立し、若者を対象とした心の病を予防するためのサポートを開始。2012年に法人化した特定非営利活動法人Light Ring.では、若者の自殺・うつ社会問題が、「悩む友人や恋人を支えたい若者の力」によって解消される未来をつくるために、うつに悩む若者と、それを支える支えてのサポートを実施。現在、新宿区や港区の自殺対策委員を務める。

本プログラムでは「収益性のある新規事業プランニング」について支援を行いました。

2016年度の取り組み予定について

プログラム第2期として、2016年夏より「子育てと仕事の両立」を実践する女性起業家のロールモデル形成に取組みます。プログラムでは、GS社員による起業家への3カ月間のプロボノによる伴走支援に加え、情報発信を行ってまいります。
DSC00318

本件に関するお問い合わせ

主管:一般社団法人RCF(担当:佐藤)
E-mail:info-gspb@rcf.co.jp
Tel:03-6447-0041

関連リンク:ゴールドマン・サックス様の社会貢献活動