【報告】9月14日(水) 代表・藤沢がJ-WAVE「JAM THE WORLD」に出演しました

弊団体代表・藤沢が、新公益連盟 事務局長としてJ-WAVE『JAM THE WORLD』内「BREAKTHROUGH」コーナーに出演しました。

dsc_0219

今回のテーマは「コレクティブインパクトとは?

NPOや行政「単独」の活動だけでは社会的なインパクトを出せていないことへの危機感や問題意識をもとに、2011年ごろより議論や取り組みが始まった、「コレクティブ・インパクト」。NPO同士がそれぞれの強みを発揮し、組織や領域の壁を超えて共通のビジョンと「目標となる定量的な指標」を策定、協働しながら社会課題の解決に取り組む動きです。

オンエアでは、関連事例や、まさに日本においてコレクティブインパクトに取り組もうとしている「新公益連盟」のきっかけ、現時点での活動方針(次世代育成など)もご紹介いたしました。

ただ、社会起業家とまでいかずとも、周囲の社会課題に対し既にご自身で問題意識を持ってアクションされている方も多々いる一方で、いわゆる大衆社会全体としては、ともすれば自分自身の生活や仕事に忙殺され、なかなか社会的な課題に向き合う時間や機会がない方々が圧倒的多数であるのも実状です。

そこで、オンエアの最後に藤沢より「定点観測」というキーワードを提示。まずはなんでもいいので「ご自身が気になる社会課題は何だろう?」を改めて考えてみて、それを『定点観測』=ずっと見続ける、ちょっと検索することを続けてみる。という、誰でもできる簡単なソーシャルアクションをご提案しました。

そうすることによりメディアの取り上げ方や論調、ネット上での反応、オピニオンリーダー、キーとなる地域・取り組み・・・様々なものが見えてきます。さらなる問題意識や、自分がすべき/したいアクションがきっとみつかるはずです。ひとりでも共感いただけたら、嬉しく思います。
また、私たちNPO側としても発信は力不足であると言わざるを得ません。これまで以上に努力してまいりたいと思います。

なお、水曜ナビゲーターの安田菜津紀さんが当日、体調不良によりキャンセルというハプニングがあり、代役が「特定非営利活動法人8bitNews」代表理事として新公益連盟にも参画されている、火曜ナビゲーターの堀潤さんでした。
安田さんのご体調回復を祈念すると同時に、緊急登板にもかかわらず多様なリスナーの皆様に届くようナビゲートしてくださった堀さんにも深く感謝いたします。

dsc_0224

■Twitterでいただいた反響の一部をご紹介いたします(ご了承いただいたもののみ、順次追加)