「よそもの」人材が地域にもたらす価値。地域側インタビュー3選【一般社団法人RCFメールマガジン 2017年02月号】






一般社団法人RCFメールマガジン 2017年02月号

2017.02.10
一般社団法人RCF

一般社団法人RCFメールマガジン 2017年02月号

*このメールマガジンは弊団体Webサイト等からメールマガジン購読のご登録を頂いている方、および、弊団体スタッフとお名刺交換をさせていただいた方、合計846名にお送りしております。登録解除・アドレス変更はこちらからお願い致します。
*ご利用のメールソフトによっては、うまく表示されない場合があります。その場合はお手数ですがこちらのWebサイトからご覧くださいませ。

一般社団法人RCF 広報担当 矢澤です。
寒い日が続きますね。インフルエンザがRCFでも流行しています。自分が予防接種をしていても子どもから「もらって」しまうパターンが多いようで、私も娘を保育園へ迎えに行くたびにビクビクする毎日です。皆さんはどうぞお気をつけくださいませ。
それではさっそく、RCFが関係する近日開催イベントのご案内や取り組み、関連ニュースをお届けいたします。

INDEX
1.近日開催のイベント
2.マンスリートピック
3.日本財団「WORK FOR にっぽん」からのお知らせ
4.RCFスタッフ採用に関するお知らせ
5.「ふたさぽブログ」今月のピックアップ
6.RCFの 社会事業コーディネーター インタビュー

1.近日開催のイベント

《明日2月11日(土)開催!無料・要予約》
親子食育イベント「SANRIKUの漁師と学ぶ生わかめ体験」

いつも食べているわかめ、みんなはどこまで知っていますか?
生のわかめはとっても大きい?!緑色じゃなくて茶色?!日本のわかめ「3大産地」って??・・・etc
わかめ漁師の赤間さんが、生のわかめをひっさげ、講師として登場。わかめ博士になっていただきます!開催は明日。多くの皆様のお申込みをお待ちしております!
日時:2月 11日(土) 12:00~14:00(受付11:30〜)
場所:新橋OMOTENASHI 〒105-0004 東京都港区新橋2丁目12-2 hk新橋ビルB1
講師:フィッシャーマンズ・リーグ 赤間 俊介
(宮城県塩釜市 (株)シーフーズあかま 代表取締役)
司会:フィッシャーマンズ・リーグ 平塚 隆一郎
(宮城県石巻市 山徳平塚水産(株)代表取締役)

詳細はこちら


《明後日2月12日(日)郡山で開催!無料・要予約》
自己分析と転職・就活をつなげるワークショップ&就職相談会

郡山市で、自分のキャリアを考えてみませんか。
キャリアカウンセラーの資格をもつ同団体理事の坂上氏による自己分析ワークが体験できるだけでなく、RCFも参加する福島求人支援チーム(*)から、福島沿岸部の12市町村を中心とする実際のお仕事相談&求人紹介も受けることができます。近隣在住の方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
*福島求人支援チームについてはこちら
日時:2月 12日(日) 13:00~15:00
会場:福島コトひらく(福島県郡山市富久山町久保田字下河原191-1)
参加費:無料
内容
○自分が歩んできた人生のやる気の波を元に自己分析するワーク
○カードを用いながら、自分が大切にしている価値観と望む仕事で必要となる価値観をすり合わせるワーク
○キャリアカウンセラーや求人を紹介する団体による個別相談
担当キャリアカウンセラー:坂上英和(NPO法人コースター 理事)
求人を紹介する団体(上述の12市町村中心):福島求人支援チーム
申込方法:下記のアドレスに「件名:2/12参加、氏名、連絡先」を記入の上送信するか、Facebookページの「参加する」を押してください
info@costar-npo.org
運営元: NPO法人コースター
協力団体: 経済産業省委託 福島人材確保支援事業 官民合同チーム/求人支援チーム
お問い合わせ先:NPO法人コースター( 024-983-1157、info@costar-npo.org )

Facebookページはこちら


2.マンスリートピック

福島大学「ふくしま未来学入門(COC) 第12回カリキュラム『復興支援からの地域づくり』」にふたさぽ芳門が登壇しました

1/23(月)、双葉町復興支援員(ふたさぽ)として活動するRCF芳門里美が、講師として登壇(田村市復興応援隊 小林奈保子さんとの共同講義)。福島大学様Webサイトに当日のレポートが掲載されました。
芳門のプレゼンキーワードは「妄想力」。何か問題を解決したいときは「ありたい姿」を常に考え「妄想」しながら、今できることから少しずつ取り組んでいこう!そして、コミュニティや地域(自分の地元でもいいから)に関わることは、自分と向き合うこと。みんな是非地域と関わろう!・・・といった、日々のふたさぽとしての実践に基づく熱い講演をしてまいりました。

詳細はこちら



釜石の未来づくりにコミット!「釜石コンパス」&「釜石○○会議」運営担当者募集!

日本財団「WORK FOR にっぽん」(受託:RCF他)では、高校生向けキャリア教育プロジェクト「釜石コンパス」、市民のアクションを生み出す場「釜石○○会議(釜石まるまる会議)」をプレイングマネージャーとして運営してくださる方(釜石市任期付職員)を募集しています!

詳細はこちら



「釜石ローカルベンチャープログラム」エントリー受付開始!外部メンターとして代表理事 藤沢が参加します

「釜石ローカルベンチャープログラム」(事業主体:釜石シティプロモーション推進委員会、事務局:株式会社パソナ東北創生、釜石市役所オープンシティ推進室)におきまして、RCF代表理事 藤沢烈が外部メンターのひとりとして参画します。藤沢は他のメンターの皆様とともに、本プログラム参加者の事業創造活動に向けて、構想段階から交流を通じサポート致します。

詳細はこちら(オープンシティ釜石)

「新しい東北」復興・創生顕彰が発表されました

選定にはRCF代表理事 藤沢も参加致しました。本当に素晴らしい取り組みの数々ばかりです。選ばれた個人・団体の皆様、おめでとうございます。表彰式は2月9日に仙台で行われました。

詳細はこちら

3.日本財団「WORK FOR にっぽん」からのお知らせ

日本財団「WORK FOR にっぽん」(旧:WORK FOR 東北、受託:RCF他)では、主体的に人材を活用しようと取り組んでいる地域に対し、人材活用に向けた戦略策定や、具体的な活用支援のノウハウ提供など、フェーズに応じたサポートをしています。

「よそもの」人材が地域にもたらす価値。地域側インタビュー #石巻

東日本大震災の発生後、全国各地から多くの外部人材を受け入れてきた宮城県石巻市が、主産業である漁業の6次産業化や、地域の情報発信などで民間のノウハウを有効に活用しています。そうした数々の成果を受け、新たに水産加工品の海外展開を計画。さらに、観光や移住促進の分野でも外部との協働に乗り出す方針です。

続きを読む

「よそもの」人材が地域にもたらす価値。地域側インタビュー #七尾

能登半島の玄関口に位置する石川県七尾市は、地域課題の解決に外部人材のノウハウを活かしています。主導しているのは、民間資本で1999年に設立されたまちづくり会社・御祓川(みそぎがわ)。大学生のインターンシッププログラム「能登留学」などを仕掛け、若い世代のU・Iターンで成果を上げています。同社ひと育て課の森山明能シニアコーディネーターと岡本竜太コーディネーターに、その秘訣を聞きました。

続きを読む

「よそもの」人材が地域にもたらす価値。地域側インタビュー #釜石

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県釜石市は、震災後の復興を起点に外部人材の活用を積極的に進めており、数多くの成果を上げています。自身も震災後の2012年に移住・赴任した経歴をもつ石井重成さんに、外部人材を誘致する意義や活用ノウハウを聞きました。

続きを読む

4.RCFスタッフ採用に関するお知らせ

3月24日(金) 社会事業コーディネーター採用説明会参加受付中

「新規事業担当」2次募集ほかご案内いたします。RCF赤坂オフィスで行う定員10名の小規模採用説明会に遊びにきませんか?
<プログラム構成>
第1部(19:00〜19:30):事業・募集職種紹介
第2部(19:30〜20:00):スタッフ座談会
第3部(20:00〜20:30):質問タイム(特に応募を前向きに検討している方を対象に、広くご質問を頂き、スタッフとつながっていただく場です。できるだけ事前にご準備いただき、積極的なご発言をお願いします。)
(閉場21:00)

お申し込みフォームはこちら

お早めのご応募を!
RCFの社会事業コーディネーター「新規事業担当」2月28日一次募集締切!

このたび、2016年秋に開始致しました「新規事業担当」一次募集(2017年4月入社想定)を、2月28日をもって一旦終了いたします。これまでに採用説明会にご参加くださいました皆様、お早めの選考エントリーをお願い致します。
◆正式エントリー方法
下記書類を揃えていただき、メールにてご送付くださいませ。1〜2週間程度にて書類選考の結果をお伝えいたします。その後、1〜2回程度の面接、および適性検査を経て、内定となります。
*メール件名:「選考プロセスエントリー」
*ご提出いただきたい書類:
1)履歴書(書式自由)*写真を必ず貼ってください
2)職務経歴書(書式自由)
3)エントリーシート(所定書式をダウンロード
4)【任意】成果物(上記3点の書類では表現しきれない、ご自身の成果物や資料、作品等ございましたら簡潔に付記ください。有無は選考に影響いたしませんので、
特に提出するものがない方は、無しでも全く問題ございません。ご安心ください。)


5.「ふたさぽブログ」今月のピックアップ

双葉町復興支援員(通称:ふたさぽ、受託:RCF)は、いわき・郡山・埼玉の3拠点にわかれ、広報支援とコミュニティ支援の2つのテーマで福島県内、埼玉県加須、東京などを範囲として活動しています。そんなふたサポメンバーが、日々の活動についてリレー形式でつづる「ふたさぽブログ」。RCFのFacebookページでもシェアしています。ふたさぽが見つめる双葉町の道のり、伝われば幸いです。


【ふたば×ならは スタディツアー案内】

(ふたさぽ安谷屋)

6.RCFの 社会事業コーディネーター インタビュー

「社会の課題から、未来の価値をつくる仕事。採用ブログ」Wantedlyにて好評連載中!

点でも線でもなく、人生は面。RCFは、ぶれない想いへ繋がる道筋上の座標のひとつ。
佐久志歩(前職:マーケティングリサーチ企業)

今月のメールマガジンは以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

一般社団法人RCF
一般社団法人RCF All Rights Reserved.
発行人:藤沢烈 編集:矢澤弘美
URL: http://rcf311.com Email: pr@rcf.co.jp(広報担当)
Phone: 03-6447-0041 FAX: 03-6447-0048
各種お問い合わせフォーム: こちら