ふくしまは負けない/明⽇へ 交流⼈⼝拡⼤へ議論 川内「かえる会議」(福島民報)

第2回「かわうちかえる会議」のようす(2016年12月)

2017年2月17日付福島民報「ふくしまは負けない/明⽇へ 交流⼈⼝拡⼤へ議論 川内『かえる会議』」が紹介されております。
第3回となった「かわうちかえる会議」。担当者として弊団体 山本も参加、全国の交流人口拡大に向けた取り組み事例紹介などを行いました。

以下記事より引用します。

今回のテーマは交流⼈⼝の拡⼤。村⺠代表と村や県、国の関係者ら約五⼗⼈が出席した。遠藤雄幸村⻑と政府の原⼦⼒災害現地対策本部の後藤収副本部⻑があいさつした後、村の担当者が交流⼈⼝拡⼤に向けた取り組みを説明した。
村内にカフェ・アメィゾンを開設したコドモエナジーの岩本泰典社⻑が同社の取り組みを説明し、⼀般社団法⼈RCFの⼭本慎⼀郎シニアマネージャーが教育旅⾏の誘致に取り組む全国の事例を紹介した。
ワークショップでは、⼆班に分かれて「産業としての交流⼈⼝拡⼤」「移住・定住⼈⼝へのつながり創出」について意⾒を交換した。参加者からは「ニーズを把握し、ターゲットを絞った上で検討する必要がある」「⺠泊などは個⼈で宣伝するのは難しい。取りまとめる組織を設けるべきだ」などの意⾒が出された。

*RCFでは2015年5月より、復興庁「自治体版ハンズオン支援事業」において、福島県川内村の帰還支援/交流人口増加に向けた自治体施策を支援しております。(日本経済研究所/日本総合研究所との協働事業)