《3/11・要申込(無料)》「東北復興支援シンポジウム~桜が紡ぐ東北の未来~」RCF山口が登壇いたします

クリックすると詳細PDFがダウンロードできます

復興庁「新しい東北」連携事業「東北復興支援シンポジウム~桜が紡ぐ東北の未来~」が3月11日(土)に「東京ウィメンズプラザ」(東京・表参道)にて開催され、パネルディスカッションにおきまして、釜石コミュニティ支援プロジェクトマネージャー 山口里美がパネリストとして登壇いたします。

震災から6年、まだまだ復興の真っ只中である一方で、風化が進んでいるのも事実です。同協議会では、改めて震災の原点に立ち返り、希望が持てる東北復興へのあり方を探っていきたいと考え、東北復興支援の「東北・夢の桜街道運動」に対し、当初より業界挙げて応援をいただいている地域金融機関の信用金庫の皆様や、現地で実際に復興支援に携わっている地域復興支援団体の意見・考えを伺いながら、復興現場の実情、課題、ニーズを踏まえ、更なる東北復興支援の進め方について、議論する場として同イベントを企画されました。

同イベントでは、英国人女性監督による短編ドキュメンタリー映画『津波そして桜』(米国アカデミー賞ノミネート作品)の上映もございます。
ぜひ、ご来場ください。

開催概要・お申込み

日 時: 平成29年 3月 11日(土) 14:00~16:15 (開場13:30)
場 所: 東京ウィメンズプラザ・ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67 (地下鉄銀座線・表参道駅より徒歩7分)
参加者: 一般 200名 (参加費無料)
申込み: 東北・夢の桜街道推進協議会事務局(青梅信用金庫内)へ直接ご連絡お願い致します。(RCFではお申込み・お問い合わせ受付いたしかねます)
電話:0428-24-5632
FAX:0428-24-4650
メール:info@tohoku-sakurakaido.jp
主 催: 東北・夢の桜街道推進協議会、美しい多摩川フォーラム、美しい山形・最上川フォーラム

 

RCF登壇者紹介
山口 里美
埼玉県出身。2012年8月より、グローバル金融機関・UBSグループの復興支援事業の現地コーディネーターとして、岩手県釜石市に赴任。復興計画に対する集落内の合意形成や復興公営住宅の自治会づくり、中心市街地活性化など、復興プロセスとともに変化する地域課題に応じて地域住民のエンパワーメントを行う。また復興支援員「釜援隊」の立ち上げ・マネジメントにも携わる。参考:UBSコミュニティ支援プロジェクト