東京都立西高校にて生徒向けに講演を行いました

11月29日(水)、東京都立西高等学校におきまして、弊団体代表理事 藤沢烈が1年生約300人を対象に講演を行いました。

東京都立高校全体で取り組まれている特別授業「人間と社会」のカリキュラムとして、同校ではゲスト講師による講演を実施しております。

藤沢は第4回目の講師として「震災後の現代社会を生き抜くための知恵と勇気」と題し、下記のようなお話をさせていただきました。
・災害に対する備えは行政に任せるのではなく、自分たち自身の問題として意識し備蓄等を行うこと
・いまは変化が大きく多様なキャリアが必要な「人生100年時代」。だからこそ、目の前の今この場にしっかり没頭すること
・ネットに頼らず自分の力で「一次情報」を取り続けること。さまざまな地域に足を運び、社会課題の現場をどんどん知ること

いずれも、藤沢をはじめ、RCFが東北などにおけるこれまでの活動で得られた学びそのものです。
これから社会の主役となっていく世代に、こういったメッセージを直接お伝えする機会をいただけたこと、関係者の皆様には深く感謝申し上げます。