59市町村応援プロジェクト 大好き!大熊取材中 伝統の盆踊り つなぐ 町復興支援員 佐藤亜紀さん 盆唄収集に奔走(福島民報)

2018年2月26日付 福島民報に、大熊町復興支援員として従事するRCF佐藤が紹介されました。
地域のアイデンティティである盆唄。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による避難で伝承が困難になっています。佐藤は大熊町復興支援員として、再び町内におはやしを響かせようと、同町で受け継がれてきた盆唄を集めております。ぜひ、御覧ください。(盆唄収集に関するお問い合わせもお待ちしております。お問い合わせフォームよりご一報ください)
http://www.minpo.jp/news/detail/2018022649521
(記事は有効期限がございます)