復興人材研究会が主催する「復興人材研究会立上げに向けた準備会合」が開催されました

被災者の見守りやケア、地域おこし活動の支援等を通じたコミュニティ再構築を目的に東北で運用されている「復興支援員制度」。
しかしその運用については現場での試行錯誤が多く、市町村によって状況がまちまちであり、人材の採用や育成、マネジメントについてもノウハウが確立した状態では無いのが実態です。

このたび宮城県におきまして、復興支援員のマネジメントの役割や、担ってきた人材の特徴を調査・分析する「復興人材研究会」が立ち上がりました。詳細につきましては「新しい東北」官民連携推進協議会のWebサイトにまとめていただいておりますので、ぜひご覧ください。

平成30年1月24日(水)に、復興人材研究会が主催する「復興人材研究会立上げに向けた準備会合」が開催されました(「新しい東北」官民連携推進協議会)

お問い合わせ

一般社団法人RCF 広報担当 矢澤
Mail:pr@rcf.co.jp