《5/23:要参加申込》陸前高田 広田湾遊漁船組合『広田湾産 牡蠣のバーニャカウダ』発表・試食会と 活動報告会のご案内

pdf_icon_small

このたび、RCFがコーディネートを行う「復興応援 キリン絆プロジェクト」の、岩手県陸前高田市 広田湾遊漁船組合のプロジェクトにおいて、広田湾の漁師たちが開発した加工品「牡蠣のバーニャカウダ」を中心とした試食会、および活動成果報告会を開催いたします。

牡蠣バーニャカウダ1
東日本大震災で深刻な危機に直面した、岩手県陸前高田市の漁業。

震災から5年、キリングループ・日本財団の支援の元、広田湾の漁師たちが、全国の魚市場で高い価値を誇る広田湾牡蠣、日本で唯一養殖されている「エゾイシカゲ貝」を中心としたブランディング活動や加工品の開発を行いました。

今後、重点エリアとしての岩手・盛岡、東京・下北沢に対するイベント出店、販売営業活動を皮切りに、広田湾産海産物の存在認知をはかってまいります。

試食会、および活動成果報告会を開催いたしますので、ぜひお越しくださいませ。

開催概要

日 時 5 月 23 日(月)14:00-16:00 ※受付開始13:30~
場 所 陸前高田市役所 コミュニティホール
陸前高田市高田町字栃ヶ沢210番地3 電話:0192-54-5520
内 容 第1部(14:00〜)広田湾遊漁船組合 活動報告 @シンガポールホール
本プロジェクトを通じて行った広報、販売などの活動と、漁師がお勧めする旬の時期の春の広田湾産牡蠣を使った牡蠣のバーニャカウダソースの制作背景、商品内容の報告などを行います。
第2部(15:20〜)『広田湾産 牡蠣のバーニャカウダ』試食会 @大会議室
お越しいただいたみなさまに新商品、牡蠣のバーニャカウダを使ったレシピメニューを数品ご試食頂きます。また地元のかあちゃんによる、かき鍋を提供させていただきます。

プロジェクト概要、事業背景

牡蠣バーニャカウダ2

■   プロジェクト概要

本プロジェクトでは、全国の魚市場でも高い評価を受ける広田湾産の牡蠣、そして唯一養殖が行なわれている「エゾイシカゲ貝」を主な対象として、商品企画・開発、宣伝ツールの整備等を通じた情報発信、加工商品(牡蠣のバーニャカウダ)開発、販売やブランディング活動を行ない、遊魚や観光などを通じて、広田湾漁業の活性に取組んでまいりました。

■     事業背景

陸前高田市の漁業は、平成23年(2011年)3月11日(金)に発生した東日本大震災による 1)商品供給困難時期がもたらした取引先の減少 2)放射能風評被害による取引先の減少 3)従来からの労働負荷に対する対価(所得)の低さから、漁業の継続性ならびに後継者不足が陸前高田市の漁業における深刻な問題となっていました。1)認知 2)売上拡大(販路と単価)が大きな解決策の方向性と考えています。

牡蠣バーニャカウダ3

■     重点ターゲット

重点エリアとしての岩手・盛岡、東京・下北沢に対するイベント出店、販売営業活動の展開を実施。

■     活動の狙い

一般の消費者に対しても、広田湾産海産物の存在認知と品質認知を高め、お客さまの声から市場関係者に広田湾産海産物の PRをかけていくもの。

■ 「牡蠣のバーニャカウダ」の特徴 

広田湾産牡蠣の一番の美味しさを認知頂くには、生のまま食べて頂くコトですが、その一歩手前の広田湾産牡蠣を知って頂くきっかけとして、加工品を開発しました。一番美味しい時期として漁師がオススメする春の牡蠣を使っており、社会環境の変化に伴い料理をする人が少なくなっている中で、調理の手間をかけず、料理のちょっとした隠し味として使って頂ける商品です。常温で約6ヶ月間保存が可能で保存料、無添加で作成しているコトから、健康に気を使う方にもオススメの商品となっています。

■ 過去の関連プレスリリース

生産量全国一位!養殖発祥の地、陸前高田市におけるエゾイシカゲガイ試食調理会開催のお知らせ(2015年8月17日)

事業方針発表 「生産者の顔が見える、物語が分かる広田湾ブランド再興プロジェクト」 「復興応援キリン絆プロジェクト」水産業支援贈呈式のご案内(2015年4月4日)

参加申し込み方法

FAX申込用紙」をご利用いただき、FAXにてお申し込みください。

広田湾遊漁船組合について

広田湾遊漁船組合(所在地:岩手県陸前高田市)は、2014年4月に設立され、遊魚と観光などを通して広田湾の漁業に対する理解や復興をはかり、発展、発信することを目的に活動しております。
http://hirotawan-yugyosen.com/

一般社団法人RCFについて

一般社団法人RCF(所在地:東京都港区、代表理事:藤沢烈)は、東日本大震災を機に震災復興のための調査を行う団体として発足し、復興事業の立案・関係者間のコーディネーターとして多くの企業や行政、NPO等の皆様との連携を進めてきました。今後は、これまで東北で培った経験や繋がりを活かし、地域社会の活性化、ソーシャルセクター発展に向け事業など、社会課題解決コーディネートを進めています。
 http://rcf311.com/

お問い合わせ

■ 本企画に関するお問い合わせ
広田湾遊漁船組合 事務局 鍛治川直宏(ぶらり気仙所属)
携帯:090-1426-7550 TEL: 0192-47-5386  E-mail: info@hirotawan-yugyosen.com
一般社団法人 RCF 伊勢
TEL: 03-6447-0041 E-mail: ise@rcf.co.jp

■ 報道関係のお問い合わせ
一般社団法人RCF 広報担当 矢澤
携帯:050-5897-1119 TEL:03-6447-0041 E-mail:pr@rcf.co.jp