ニュース

  1. HOME
  2. news
  3. お知らせ
  4. 【お知らせ】大船渡市の花「椿」活用を進める復興支援員、本日より活動開始!

【お知らせ】大船渡市の花「椿」活用を進める復興支援員、本日より活動開始!

本日6月1日、岩手県大船渡市役所において、大船渡市復興支援員(椿利活用推進支援員)の委嘱状交付式が開催されました。
これは、一般社団法人RCF復興支援チームが市より受託する「平成27年度大船渡市椿利活用推進業務(以下、「椿利活用推進業務」)」の現地専任コーディネーター1名を4月より募集していたものです。
このコーディネーターは、総務省の復興支援員制度を活用し設置しており、応募者10名の中から任命された小島海さんに戸田公明市長より委嘱状が手渡されました。今後、三陸支所農林課内に事務所を設置し、市の花「椿」の利活用を通じて地域の振興やコミュニティづくりを進めていきます。
●戸田公明市長コメント
「大船渡の椿を活用し、市全体の機運を高めて活性化する動きに繋げていって欲しい」
●小島海さんコメント
「大船渡のこれまでの取り組みを活かしながら、椿を通して、大船渡全体が幸せになれるように力を注いでいきたい」
<概要>
1.委嘱状交付式の実施内容
・日時/場所:平成27年6月1日(月) 午前11時30分~/大船渡市役所 市長室
・列席者:市長、副市長、農林水産部長、農林課長、RCF復興支援チーム関係者
2.大船渡市復興支援員(椿利活用推進支援員)について
[氏 名]
小島 海(33歳)
[経 歴]
神奈川県海老名市出身。
大学院修了後、独立行政法人国際協力機構(JICA)に8年在籍しアフガニスタン、南スーダン、コートジボワール等で復興・まちづくりを手がけるなか、これまでの経験を活かして、当事者として東北の復興・まちづくりに携わりたいと、9年来縁のあった気仙地域に移住。
[期 間]
平成27年6月1日~平成28年3月31日(以後2年間継続予定)

関連記事

カテゴリー

新着情報