「釜石ローカルベンチャープログラム」エントリー受付開始!外部メンターとして代表理事 藤沢が参加します

画像引用:釜石ローカルベンチャーコミュニティ

釜石ローカルベンチャープログラム(事業主体:釜石シティプロモーション推進委員会、事務局:株式会社パソナ東北創生、釜石市役所オープンシティ推進室)におきまして、RCF代表理事 藤沢烈が外部メンターのひとりとして参画します。藤沢は他のメンターの皆様とともに、本プログラム参加者の事業創造活動に向けて、構想段階から交流を通じサポート致します。

本プログラムは、1月24日(木)よりエントリー受付スタートしております。
ぜひ、積極的なご参加をよろしくお願いいたします。

*詳細、エントリーにつきましては公式サイト「釜石ローカルベンチャーコミュニティ」および「パソナ東北創生様Facebookページ」をぜひご覧ください。

「釜石ローカルベンチャープログラム」とは

「起業を通じた地域おこしに興味を持つ都市部人材」を対象とし、三陸のオープンシティ・釜石の地域資源を価値に変え、地域に新たな経済や暮らしの豊かさをもたらす新たなイノベーションを生み出す個人・企業・地域=「ローカルベンチャー」を育成・輩出する取り組みです。
フィールドワーク、ローカルベンチャーサミット(事業アイデアコンテスト)を経て、最終的には釜石に着任、事業創造にむけて活動いただきます。

画像引用:釜石ローカルベンチャーコミュニティ

【 ローカルベンチャーサミット 】
釜石の地域資源を活かした事業アイデアを発表するサミットを3/18 (土)に釜石市で開催。1月に事業アイデアのエントリーを開始予定。エントリーは「テーマ枠(①林業 ②農業 ③観光 ④6次化)」と「フリー枠」を設ける。サミットでの入賞者には、200万円/年の起業準備期間における生活保障金を支給(釜石市に住民票を移される方が対象)

【 起業に向けた釜石での活動 】 ※ 2017年6月より開始予定
地域おこし協力隊の制度を活用し釜石に着任、事業創造に向けて活動開始

お問い合わせ

プログラムに関するお問い合わせ
釜石ローカルベンチャープログラム 事務局様 お問い合わせフォーム
本記事に関するお問い合わせ
一般社団法人RCF 広報担当 矢澤 pr@rcf.co.jp