3月18日「ふくしま復興を考える県民シンポジウム」藤沢登壇しました(福島民報、福島民友)

2017年3月18日(土)、福島市 ホテル辰巳屋8階ホールにて「ふくしま復興を考える県民シンポジウム」(主催:福島県)が開催され、代表理事 藤沢がパネル登壇致しました。翌日付福島民報、福島民友にて紹介いただいておりますので、ぜひお読みください。

2017年3月19日付 福島民報
「復興を考える県民シンポ 在り方意見交換 課題解決へ挑戦を」
https://www.minpo.jp/news/detail/2017031939938

(画像は記事より引用)

2017年3月19日付 福島民友 2面特集「多様な主役が挑戦」(Web版無し)
以下、記事より引用

RCF代表 藤沢烈氏「若い世代託して」
農林水産業の分野での東北支援で35の事業に携わってきたが、成功しているプロジェクトでは必ず若い世代がリーダーを任され、率先して取り組んでいる。福島のこれからを、ぜひ若い世代に託して欲しい。前例のない環境だからこそ、前例のない経営やビジネスを取り入れる必要がある。そのためにも震災を経験した若い世代に福島のこれからを考え、つくってもらいたい。

引用ここまで

参考URL:【福島開催】《3/18・要申込(無料)》「ふくしま復興を考える県民シンポジウム」代表藤沢が登壇いたします