ゴールドマン・サックス、女性起業家をプロボノ支援(オルタナオンライン)

女性起業家支援プログラム」を推進してきた、ゴールドマン・サックス。

2017年3月に同社にて開催された「社会的企業・NPOの『子育てと仕事の両立』に関するシンポジウム」の紹介記事が、オルタナオンラインにて掲載されました。

ゴールドマン・サックス、女性起業家をプロボノ支援 (矢澤弘美)

社会的企業・NPOにとって経営陣・職員のスムーズな産休復帰、復帰後のフレキシブルな業務体制整備は事業継続・拡大のために重要な経営課題。

そこで2016年度は、社会的企業・NPOの「子育てと仕事の両立」に関するプログラムとして、特定非営利活動法人トイボックス(大阪府)、特定非営利活動法人かものはしプロジェクト(東京都) を支援先とし、GSプロボノ社員5名・1名のGSアドバイザー社員の計6名のプロボノチームが各支援先へ約3か月間伴走(9月末~12月末)。支援先の両立に関するビジョン・計画づくりおよび実施サポートを行いました。

また同シンポジウム後半では「いま、子育てと仕事の両立に取り組む重要性」と題し、NPO経営者、ゴールドマン・サックス人事担当者が鼎談を行いました。

みなさま、ぜひお読みください。