ニュース

  1. HOME
  2. news
  3. 活動報告
  4. 2年目にこそ必要な復興支援とは

2年目にこそ必要な復興支援とは

■背景
2月19日(土)に開催されたNPO法人ETIC.主催の「Entrepreneur Gathering 2012」に代表藤沢が登壇いたしました。
■Entrepreneur Gathering 2012について(Entrepreneur Gathering 2012 ホームページより引用)
東日本大震災は、私たちの生活、そして社会のあり方に対して、多くの問題提起をもたらしました。
東北の沿岸部でいま浮き彫りになっている医療や福祉、教育、過疎、雇用、そして産業再生やコミュニティ再生といった課題は、日本の各地域が抱える課題と重なります。一方で人口減少が続く社会において、公的サービスや社会課題に対して、行政に依存する社会のあり方の限界も、東北の現状を語るまでもなく、既に明らかになっています。これからの東北の復興、そして日本の再生のために、私たち一人ひとりにできることは何か。今まさに、当事者意識や起業家精神が、問われている時代だと私たちは考えます。
Entrepreneur Gathering 2012では、「After 3.11 起業家精神が未来を拓く」をテーマに、ETIC.がソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクトを通じて蓄積した知見をもとに、東北をはじめ全国各地で生まれているソーシャルイノベーションのリアルな状況を皆さまと共有する機会として開催致します。
そして、これらの挑戦を今後どう生み出していくのか、また支えていくのか、そのエコシステム(生態系)の姿を皆さまとともに考えることを通じて、新しい日本をともに創るためにそれぞれが自身にできること、さらには、新たな有機的な繋がりが生まれる機会となればと思っております。

関連記事

カテゴリー

新着情報