ニュース

  1. HOME
  2. news
  3. コラム
  4. 【アーカイブ】【RCF復興支援チーム:016】メールマガジン第16号

【アーカイブ】【RCF復興支援チーム:016】メールマガジン第16号

━ ◆◇◇ 第16号 ◇◇◆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
RCF 復興支援チーム メールマガジン
https://rcf311.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━201111.20━━━
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 今週のRCF活動報告
2. 11月26日(土) 港区・G-SEC共催 公開講座 『自立と絆』第3回の講師として代表藤沢が登壇いたします
3. 11月23日18時より第5回復興チャットを開催いたします。テーマは仮設住宅の「いまこれから」です。
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 今週のRCF活動報告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
▼11月16日(水)RCF活動報告会・採用説明会を開催いたしました。
11月16日に活動報告・採用説明会を開催し、平日にもかかわらず12名もの方にご参加いただきました。
1時間ほどの会ではありましたが、代表藤沢による説明後の質疑応答では、貴重なご意見・ご質問を頂き、非常に有意義な時間となりました。
▼11月16日(水)第4回復興チャットを開催いたしました。
今回のテーマは『被災地における産業復興 漁業編』です。
詳細はこちらから御覧いただけます→http://togetter.com/li/215081
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 11月26日(土) 港区・G-SEC共催 公開講座 『自立と絆』第3回の講師として代表藤沢が登壇いたします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
▼港区・G-SEC共催 公開講座『自立と絆』について
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC所長:竹中平蔵)は、港区との共催により、『自立と絆』をテーマとして公開講座を開講いたします。
自分たちでできること、自立社会をいかに創るか、日本人としての進歩等をテーマに講演を行います。国、自治体、地域コミュニティ、NPO法人等のいろいろな視点から講演をいただきまして、情報提供と自ら考えていただく機会を提供したいと考えております。
—————————————————————————————————
▼第3回11月26日(土) 14:30~16:00
『NPO法人がつなぐ、災害復旧・復興現場における絆』(仮題)
講師: 藤沢 烈(一般社団法人RCF復興支援チーム 代表理事)
▼場所
慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階G-SEC Lab
▼定員
各回80名
▼参加資格・参加費用
どなたでも参加できます。
参加費は無料ですが、Webサイトまたは電話にて事前申し込みをお願いいたします。(定員は各回80名です。それぞれにお申し込みできます)
※Webにてお申し込みの場合、定員に達しご参加をお断りする場合のみ、メールにてご連絡いたします。
▼備考
※駐車場のご用意はありませんので、公共交通機関をご利用ください。
※講義時間中は一時保育を行います。ご利用希望のかたは「各回講義日の1週間前までに」Webからではなく、電話にて港区防災課危機管理担当までお申込み手続きをしてください。事前のお申込みがない場合はご利用になれませんのでご了承ください。
◆お申し込み
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所HP
https://www1.gsec.keio.ac.jp/secure/participant/register_start/48/1
◇お問い合わせ
03-3578-2111(内線2515)港区防災課危機管理担当
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 11月23日(水)18時より
第5回311復興チャット『仮設住宅のいまこれから』を開催いたします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
今週は第5回311復興チャット『仮設住宅のいまこれから』に向け、読者の皆様に仮設住宅の概要、現在取り上げられている課題を紹介いたします。
こちらを参考に、復興チャットに臨んでいただければと思います。
—————————————————————————————————-
▼仮設住宅の概要
(注:大槌町の仮設住宅を参考にしています。地域により異なります)
1.入居できる期間:原則2年間
2.家賃:無料(ただし、電気・電話・ガス・水道料金などは自己負担)
3.住宅の種類
①単身用(1人)    1DK(居間5帖洋) 19.8㎡(6坪相当)
②小家族用(2~3人) 2DK(4.5帖洋・4.5帖和) 29.7㎡(9坪相当)
③大家族用(4人~)  3K (4.5帖洋・4.5帖和・6帖洋) 39.6㎡(12坪相当)
4.部屋の仕様
水洗トイレ(洋式)・風呂・キッチン・エアコン・カーテンがつきます。
※被災世帯に家電6点セットを用意(日本赤十字社)
日本赤十字社では、仮設住宅に「家電6点セット」を用意しています。
(内容)32型液晶テレビ、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、エアコン
▼完成状況(11月14日現在)
必要戸数52,504戸中、52,129戸が着工確定(うち完成戸数51,886戸)
▼現在の課題
ハード面:
・寒さ対策(岩手・宮城・福島で取り組みに差)
・防火対策(暖房設備からの失火が危惧される、仮設住宅団地では消防水利が不十分なところも)
・騒音対策(付近に鉄道・高速道路がある仮設住宅団地の騒音など)
・狭さ(2世帯・3世帯同居になると、居住スペースがぎりぎり)
・段差(わずかな段差も障害者には厳しい)
・公共交通の必要性(買い物・医療・介護などの移動支援)
ソフト面:
・孤独(近所の知人・友人は散りじりになってしまった、隣町から来て話しかけづらいなど)
・ペット飼育をめぐるトラブル
・アルコール依存の増加懸念・肝疾患の恐れ
【参考】
東日本大震災復興対策本部HP→http://www.reconstruction.go.jp/
いわて連携復興センターHP→http://www.ifc.jp/
河北新報社HP→http://www.kahoku.co.jp/
福島民報→http://www.minpo.jp/
次回の311復興チャットでは、課題を整理してお伝えするとともに大船渡市をはじめ、各地域での取り組みも紹介していきます。
また、課題解決に向け、皆様とともに議論のできる場にしていきたいと考えています。
ご質問やご感想などございましたら、どうぞお気軽にハッシュタグ「#311chat」をつけてツイートしてください。
1人でも多くの皆様にご参加いただければと思っております。
※311復興チャット過去の内容はこちらからご覧いただけます。
https://rcf311.com/311chat/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:RCF復興支援チーム https://rcf311.com/
▼配信停止は、件名に【配信停止希望】と記載の上、こちらまでご連絡ください。
register@rcf311.com
発行人:藤沢 烈 編集:向野 修得
info@rcf311.com
RCF復興支援チーム All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

カテゴリー

新着情報