ニュース

  1. HOME
  2. news
  3. 活動報告
  4. SANRIKUと福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!親子で楽しめる食育イベント@東北酒場トレジオンポートを開催しました

SANRIKUと福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!親子で楽しめる食育イベント@東北酒場トレジオンポートを開催しました

2018年11月24日(土)東京赤坂の東北酒場トレジオンポート(港区赤坂3-12-18第8荒井ビル2F)で「親子で食育!SANRIKUと福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!」を開催しました!ご参加いただいたのは親子合わせて計13名のみなさま。

イベント前半は、平塚隆一郎さん(宮城県石巻市)が、フィッシャーマンズ・リーグと「三陸」の紹介を動画を交えて説明。続いて海藻漁師、赤間俊介さん(宮城県塩釜市)が講師となり、秘伝の藻塩づくりをみんなで体験しました。まずは会場中央にあるトレジオンポート特製の「東北テーブル」に全員集まり、大きなお鍋に海水と乾燥したアカモクをみんなでいれていき、ガスコンロで火をかけました。

三陸の象徴である「牡蠣」と「わかめ」のドキュメントムービーを見ながら待つこと20分、藻塩の結晶が少しづつでてきて、会場からは驚きの声があがってきました。大人も子供も夢中になって藻塩を鍋から取り出した後、調理場から三陸の金華サバが登場。子供たちはできた塩をぱらぱらふりかけ調理場に戻して焼いてもらいました。

その後、福島の豊かな自然の中で優しくつくられたカトウファームのお米「てんのつぶ」と宮城の相澤太さんの皇室献上の海苔で藻塩むすびを作りました。赤間さんの差し入れの佃煮4種(ぎばさ佃煮/茎わかめ佃煮/昆布佃煮/のり佃煮)も加わってとても豪華なクッキングになりました。

みんなで作ったおにぎりと金華サバに加え、厨房からはフィッシャーマンリーグメンバーである畠山政也さんの「唐桑揉まれ牡蠣」のスープと福島相馬の菊池将兵さんがつくった伝統野菜「相馬土垂」の蒸し焼きも登場!

藻塩で三陸と福島の食をつなぎ、さまざまな生産者の顔や三陸を紹介することができました。トレジオンさんのサービスで金華サバの〆サバも登場し、ボリューム満点のランチになりました。
藻塩づくりの体験も初めて、出てくる料理も初めて食べるおいしいものばかり、最後にお土産もついて、大人も子供も大満足な食育ベントになりました!

復興庁のfacebookページにもイベント主催者インタビューが掲載されました。

【協議会事務局からのお知らせ/イベント主催者インタビュー】協議会事務局の佐藤です。当連携制度を活用して11月24日に開催されたイベント「親子で食育!三陸と福島をつなぐ藻塩づくりを漁師と体験!」。その主催団体であるフィッシャーマン…

「新しい東北」官民連携推進協議会さんの投稿 2018年12月12日水曜日

関連記事