ニュース

  1. HOME
  2. news
  3. 活動報告
  4. 岩手県・宮城県・福島県で復興庁クラウドファンディング支援事業の説明会を開催いたしました

岩手県・宮城県・福島県で復興庁クラウドファンディング支援事業の説明会を開催いたしました

先日、弊団体のプレスリリースでもお知らせしました、復興庁「令和元年度 被災地企業の資金調達等支援事業」の開始にあたり、2019年7月29日〜31日に岩手県釜石市、宮城県仙台市、福島県郡山市において、事業説明会及びクラウドファンディング(以下CF)成功の秘訣セミナーを開催し、3日間で総勢約60名の方にご参加いただきました。
当日はRCFから本事業の概要を説明した後、昨年度の資金調達成功者とCFサービス事業者に登壇いただき、CF成功のためのポイント、資金調達の際に苦労した事などをお話していただきました。

ー7月29日釜石(釜石市民ホールTETTO )での開催の様子

岩手県釜石市では、CFサービス事業者として、株式会社GoodMorningより早川彩紀様、昨年度クラウドファンディング実施成功者として、合同会社sofo 神脇隼人様にご登壇いただきました。早川様には「クラウドファンディングとは?」という基本情報からご説明いただき、神脇様には釜石市史上最高額のクラウドファンディングを実施し、成功した体験談をリアルに語っていただきました。

7月30日仙台(enspace仙台)での開催の様子

宮城県仙台市では、CFサービス事業者として株式会社READYFOR 町田佳央里様、昨年度クラウドファンディング実施成功者として一般社団法人はまのね 亀山貴一様にご登壇いただきました。町田様からはクラウドファンディングの魅力やメリットを、亀山様からは地域課題を解決するための取り組みの一環として、クラウドファンディングで資金調達に挑んだ話をしていただきました。

7月31日郡山(ビッグパレットふくしま)での開催の様子

福島県郡山市では、CFサービス事業者として株式会社READYFOR 遠藤さとか様、昨年度クラウドファンディング実施成功者として一般社団法人福島ブースター 遠藤孝行様にご登壇いただきました。遠藤さとか様からは実際にクラウドファンディングに取り組みにあたっての流れなどを、遠藤孝行様からは返礼品の設計のコツなどについて語っていただきました。

当日参加者の方々に書いていただいたアンケートからは、今回説明会に参加することで、支援事業の概要をつかむことが出来てよかった」「CFに挑戦する大変さが分かった。覚悟も必要ですね」「自分のアイデアがクラウドファンディングに向いているのか、改めて検討したい」などの声が聞かれました。

クラウドファンディング第一期エントリーは2019年8月30日(金)まで受け付けております。
(第二期のエントリー〆切は
2019年10月31日(木)です)

ご支援全体の流れは、以下をご参考ください。

 

 

 

 

 

 

当事業では、マーケティングや写真・動画の撮影、デザインといった専門家サービス費用のサポートや、企画から資金調達完了まで付き添う、専任の地域コーディネーターによる伴走のサポートをさせていただきます。

公募要項やエントリーシートのダウンロードはこちら

その他ご質問等ございましたら、お気軽に「cf@rcf.co.jp」(担当:中尾、伊勢)までお問い合わせ下さい。

関連記事

カテゴリー

新着情報