ニュース

  1. HOME
  2. news
  3. コラム
  4. 【アーカイブ】Google社でのサポーター説明会開催など東北へのアプローチ情報満載!【RCF復興支援チームメールマガジン2014年8月号】

【アーカイブ】Google社でのサポーター説明会開催など東北へのアプローチ情報満載!【RCF復興支援チームメールマガジン2014年8月号】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「RCF復興支援チーム」メールマガジン 2014年8月号(毎月11日前後発行)
https://rcf311.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014.8.11━━━
こんにちは。RCF復興支援チーム、メールマガジン担当・山根です。
この週末には、RCFがサポートする「釜石よいさ」が、雨の中でしたが無事開催。
各地域から駆けつけてくださった方が多くいらっしゃったと聞きました。
ありがとうございました!
また今夜は「東北を、日本を、花火で、元気に。」をキーメッセージに、東北沿岸12か所で「追悼」と「復興」の祈りを込めて、一斉に花火があがる「LIGHT UP NIPPON」が開催されます。
東北にいらっしゃる方は、19時になったら夜空を見上げてみてください。
━━目次━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. メディア掲載履歴・出演情報
2. 各プロジェクト情報
3. 藤沢烈ブログから
4. イベント・採用等ご案内
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. メディア掲載履歴・出演情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
▼新聞掲載
8月10日(日)岩手日報
新しい価値創造 力を与える「よそ者」
http://www.iwate-np.co.jp/311shinsai/saiko/saiko140810.html
※この記事のほかに、同日の岩手日報本誌では、4面の1/2ページをさいて、RCF代表・藤沢烈のインタビューを掲載。
7月15日(火)福島民報
大熊の関東圏支援拠点 浦和に17日開所 平日に復興支援員配置
http://www.minpo.jp/news/detail/2014071516875
※RCFがサポートしている、大熊町コミュニティ支援の関東事務所が、7月17日に埼玉県浦和市にオープンしました。
▼雑誌掲載
Forbes JAPAN 2014年9月号 No.2
SOCIAL INNOVATION グーグルが挑む「イノベーション東北の1,000日」
http://forbesjapan.com/latest/
※現在発売中の『Forbes JAPAN』最新号に、「イノベーション東北」の記事が6ページにわたって掲載されています。(70~75ページ)
▼Webサイト掲載
– Starting Over 三陸 -(リクルートキャリア)
イノベーターインタビュー:藤沢 烈さん・RCF復興支援チーム (イノベーター)
「カラフルな日本をつくる。」
http://job.rikunabi.com/2015/media/startingover/inv/inv2.html

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 各プロジェクト情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
▼「イノベーション東北」
http://www.innovationtohoku.com
最新情報は、Facebookページから
https://www.facebook.com/innovationtohoku
※サポーター説明会の情報を、この後「4. イベント・採用等ご案内」に掲載しています!
○新着復興チャレンジ
カジキグルメでいわきの町おこし!開発中の「カジキサブレ」の情報発信・販路を開拓したい
<丸秀水産株式会社>
http://www.innovationtohoku.com/challenge-5884931574071296.html
○そのほかのサポーター募集中の復興チャレンジ一覧(30件)
http://www.innovationtohoku.com/challenges.html?status=accepting
○ピックアップ記事
<復興ストーリー>
65歳のウェブコンサルタント。僕にも何かやれることはある。
http://www.innovationtohoku.com/matching-5827266403631104.html

* イノベーション東北では、他にもさまざまなスキルをもつサポーターを募集しています。
特に、商品開発やマーケティング、webサイト製作のご経験が豊富な方、あなたのスキルを活かして、東北のビジネス復興支援に参加してみませんか?
イノベーション東北サポーターに登録するにはこちら↓
http://www.innovationtohoku.com/supporter_form.html
================================
▼「WORK FOR 東北」
http://www.work-for-tohoku.org/
○新着記事
多種多様な組織と人をつなぎ 連携を生んだ経験を次のキャリアに生かす日本電気株式会社(NEC)→復興庁宮城復興局 山本啓一朗氏
http://www.work-for-tohoku.org/cases/person/08.html
8月5日「WORK FOR 東北」個人向け説明会 開催報告
http://www.work-for-tohoku.org/news/11
○現在募集中の案件(25件)
http://www.work-for-tohoku.org/list/
▼「復興応援キリン絆プロジェクト 水産業復興支援事業」:日本財団×キリン株式会社
http://kizuna-nipponfoundation.info/
○新着記事
山田町贈呈式レポート 地元の海が輝くために
http://kizuna-nipponfoundation.info/2014/07/post-34.html

RCF復興支援チームの復興コーディネーター、復興支援員が運営サポートしているFacebookページです。福島県双葉町、岩手県釜石市の最新情報を発信しています。
▼「つなげよう つながろう ふたばのわ」
https://www.facebook.com/fukushima.futaba
7月31日に更新された以下のポストに、300以上の「いいね!」が寄せられました。
別の地域に避難した4人の双葉町の高校生が、それぞれ避難した地域から全国大会に進んだそうです。
【志はひとをつなげる ~双葉町で育んだインターハイの奇跡~】
https://www.facebook.com/fukushima.futaba/posts/589240847861695
▼「釜石リージョナルコーディネーター~釜援隊~」
https://www.facebook.com/kamaentai
7月22日に、釜援隊メンバーが狩猟免許試験に合格したというポストが。
釜石では、日常的に鹿が人の暮らす場所まで降りてきて、電車が止まるということがよくあるそうですよ。
【釜援隊が行く vol.55】狩猟
http://goo.gl/u8h7ld
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 藤沢烈ブログから(先月のアクセス数トップ3)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
RCF復興支援チーム代表理事・藤沢烈が、ほぼ毎日更新している「藤沢烈BLOG」。
http://retz.seesaa.net/
7月はどんな記事がよく読まれたのでしょうか。
▼アクセス1位
東日本大震災で亡くなられた方、2万人のお名前を一度ご覧下さい(7月17日)
http://retz.seesaa.net/article/401942317.html
▼アクセス2位
官僚がNPOに出向することが、可能になりました(7月27日)
http://retz.seesaa.net/article/402661092.html
▼アクセス3位
東北で、DVと児童虐待が増え続けている理由(7月8日)
http://retz.seesaa.net/article/401257392.html

アクセス1位は、7月17日に更新された『東日本大震災で亡くなられた方、2万人のお名前を一度ご覧下さい』でした。
藤沢はこの日のブログで、”ぜひこの2万人のお名前をすべて見ていただきたいのです。そのことで、改めて三年前の震災とは何であって、誰のための復興なのかがよく見えてくると思います。”と書いています。
もうすぐお盆です。
「2万人」という数字ではなく、亡くなった誰かの大事な一人、ということを忘れないでいたいと思います。
アクセス2位の、『官僚がNPOに出向することが、可能になりました』は、非常に頼もしいニュースですね。
官(行政)、民(企業)、共(NPO等)の行き来が活発になれば、連携も深まっていくはずです。
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4. イベント・採用等ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
▼イノベーション東北より、サポーター説明会のご案内です。
——————————————————————
イノベーション東北 サポーター説明会
~今ここからできる、4年目の復興支援。東北から新しい変化を~
「イノベーション東北 supported by Google」とは東北でチャレンジする事業者の方々と、問題を一緒に考え、プロフェッショナルなスキルやアイディアを生かしながらサポートする方々のマッチング事業とそのプラットフォームです。
地域を超えた人と人の出会いや、ビジネス・コミュニティが自由につながって生まれる、変化の芽をそだてています。
東北のビジネスやコミュニティが新しい変化を起こす。
事業者の思いやお悩みは多種多様です。
自ら立ち上がろうとする東北のビジネスとコミュニティを応援する一員になりませんか?
私たちと一緒に活動して下さるサポーターを募集しています。
そんなイノベーション東北では、8月26日(火)にサポーター説明会を実施します。

開催概要
○日時:8月26日(火)19:30-20:30(受付 19:00予定)
○会場:六本木ヒルズ森タワー Google オフィス
(入館方法につきましては、お申込みいただいた方にご案内致します)
○定員:45名
○参加費:無料
○内容:
1. イノベーション東北 supported by Googleの説明
~東北から新しい変化を~(イノベーション東北事務局メンバー)
2. 現在活動中のサポーターの方より取り組み事例をご紹介
(イノベーション東北現役サポーター)
○対象:プロボノ活動、社会活動、東北の産業復興にご興味のある方
・現地へ行くことは難しいが、何かしたい
・本職外で自分のスキルを生かしたい、新しいスキルアップの場を探している方
○申込:
こちらのフォームよりお申し込み下さい。
http://goo.gl/3DEAe9
○主催:イノベーション東北事務局
イノベーション東北 supported by Google 公式サイト
http://www.innovationtohoku.com/

▼RCF復興支援チームからの採用情報です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<大熊町復興支援員募集のお知らせ>
RCF復興支援チームでは、大熊町役場と協働して、避難者コミュニティ復興支援に従事頂ける復興支援員を募集しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○募集人材:大熊町復興支援員(避難者コミュニティ復興支援)
○人数:1名
○業務内容
・交流イベントの企画、周知、実施及び他団体主催の交流イベントの周知、協力
・コミュニティ立上げおよび運営支援
・避難町民の現状調査業務
・町民、大熊町役場、および復興に向けて連携する団体の関係性構築支援
○勤務地:福島県会津若松市
○勤務期間:2014年9月~(最低従事期間7ヵ月以上)
○求める人材像/スキル
・企業やNPO団体等で数名以上のマネジメント経験を有している方、または行政・公益団体等での業務経験を有している方
・地域の方と直接頻繁に接触し、信頼関係を構築できるコミュニケーションスキルをお持ちの方
・課題意識を持ち、主体的に行動できる方
・ワード、エクセルなど基本的なPC操作が可能な方
・NPO団体、ボランティア団体、福祉関係の業務経験があればなお望ましい
・ストレス耐性のある方
・要普通免許
○詳細はこちらから↓
http://www.work-for-tohoku.org/list/44
「RCF復興支援チーム」メールマガジン2014年8月号は以上となります。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
RCFでは秋に向けて、さまざまなイベントを準備中です。
多くの皆さんに、東北にかかわる機会を準備できたらと思っています。
どこかでお会いできますように。
来月もお楽しみに。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:一般社団法人RCF復興支援チーム https://rcf311.com/
▼配信停止やお問い合わせはこちらまでご連絡ください
(配信停止は、件名に【配信停止】とご記載ください)。
info@rcf.co.jp
発行人:藤沢 烈 編集:山根 麻衣子
一般社団法人RCF復興支援チーム All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

関連記事

カテゴリー

新着情報